フリーランスWEB屋の備忘録

SEOとはユーザーに有益な情報と120%の価値を提供し満足させること

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、簡単に説明すると「検索エンジン(GoogleやYahooなど)で検索上位にサイトを表示させるための技術」と言えます。

現在では85%以上の企業が、第一にコンバージョン(新規顧客)の獲得、第二にブランドの浸透を目的として、SEOに取り組んでいると言われています。

特にWEBマーケティング先進国のアメリカでは、WEB関連費用のうち、実に30%以上をSEOに費やしているのです。

実際に、わたし自身、お問い合わせの約70%はSEO経由です。そのため私は、SEOは必要不可欠であると実感しています。

しかし、現実は面白いもので、SEOに熱心であればあるほど、検索ユーザーも検索エンジンもどんどん離れていき、成果も出ないようになり、最終的に以下のような状態に陥ってしまうことがあります。

もしかしたら、あなたもこれに当てはまっているのではないでしょうか。

これらの原因は非常に単純で、あなたがSEOのためにやっていることも、SEOに取り組む姿勢も間違えてしまっているからです。

そこで、このページでは「本当に成果を出すために行うべきSEOは何か?」を説明していきます。

あなたが今までやってきたSEOの何がダメだったのか、本当に必要なSEOとはどういうもなのか、これからあなたが具体的に何をしていかなければいけないのか、が明確になっていることでしょう。

1. 正しいSEOとは

なぜ、多くの企業がSEOから成果を得ることができていないのでしょうか。

それは、そもそもSEOを行う上で基本となる考え方がずれているからなのです。まずは、その”ずれ”を正しく理解することによって、SEOで本当に成功するための基礎を身につけましょう。

1.1. SEOの定義

SEOは、一般的に以下のように定義されています。

SEOとは、ある特定の検索エンジンを対象として、検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。またはその技術のこと。

検索エンジン最適化|wikipedia

この定義が間違えているわけではありませんが、本当に〝成果の出るSEO″がどういうものなのかは正しく伝わりにくいのではないでしょうか。

そこで私は「SEO」をさらにシンプルに以下のように理解しています。

SEOとは検索ユーザーを対象として、ユーザーに有益な情報と120%の価値を提供し、より満足してもらえるようにウェブページを作成し構成すること。

違いはお分かりいただけるでしょうか。

SEOでうまくいかない人は、SEOは検索エンジンを対象に行うものだと理解しています。しかし、SEOで成功している人は、SEOは検索ユーザーという「人間」を対象に行うものだということを理解しているのです。

SEOを単に「検索エンジンを攻略するための術」としか認識していない人は、結局のところ、上位表示を実現するためだけのテクニック及び技術論に行き着いてしまいます。そして、それがユーザーにとって価値のないページであろうと構わずテクニックによって無理やり上位表示させようとします。

一昔前まではそれで上位表示できていましたが、このような無理やり上位表示させる方法だと最近の検索エンジンではペナルティを受ける可能性が非常に高く、ペナルティを受けると表示圏外になるばかりか、インデックスから削除されてしまう可能性もあります。

一方、SEOを検索ユーザーがある言葉で検索してきた時に、最高の答え及び価値を提供することだと認識している人は全く別の行動を取ります。まず検索ユーザーと検索エンジンのどちらにも上位表示されるべきと思われるような最高のページを作り上げることに情熱を燃やすのです。

後者の考え方を持っている人の方が、上位表示された時に、遥かに質の高いコンバージョンとポジティブなブランド認知を獲得できるということは言うまでもありません。

これは理想論ではなく、SEOで成功しより大きな成長を実現するための現実論なのです。

1.2. 機械(検索エンジン)を対象としたブラックハットSEOとその衰退

一昔前までのSEO対策といえば、アルゴリズムと言われる検索エンジンがウェブサイトの表示順位を決める時に重視している項目を解明して、上位表示させるためのテクニックを追求し、実行することでした。

その本質は「アルゴリズムの隙を突いて、あまり価値のないページでも、価値のあるサイトだと検索エンジンに誤認させて上位表示を実現させる」ことにあります。

簡単な例をいうと、検索キーワードを羅列しただけのようなサイトでも昔は上位表示されていたのです。

実際、その頃はそのページが本当に検索ユーザーにとって価値を与えているのかどうかは関係なく、どのようなページでも簡単に上位表示させることができていたのです。

その結果、ウェブ上にあまりにも価値のないページや検索ユーザーを騙してお金を巻き上げることを目的としたページが蔓延してしまうという問題が生まれてきました。

これを放置していると、人々は検索エンジンから離れていってしまいます。そこで、Googleは問題解決のために、パンダアップデートやペンギンアップデートに取り組み、ウェブ上から価値のないページを排除する試みを続けてきました。その結果、今では検索エンジンのアルゴリズムの隙そのものが以前と比べて遥かに少なくなり、ブラックハットSEOはほとんど通じなくなってきたのです。

このように、一昔前までのSEOは、日々改善されていく検索アルゴリズムの隙を突いて無理やり上位表示させることに注力したものでした。つまり、GoogleとSEO事業者のイタチごっこだったのです。

1.3. 人間を対象としたホワイトハットSEOとその隆盛

ホワイトハットSEOは、ブラックハットSEOとは対極にある考え方で、その本質は「検索ユーザーに満足してもらえるようなサイト作りを追求し実現すること」にあります。

現在ではGoogleも進化してきているので、この本質さえ追求していれば、ブラックハットSEOよりも遥かに大きな成果を得られるようになっています。それではなぜ、今まではホワイトハットSEOで成果を出すことができなかったのでしょうか?

理由は簡単で、ブラックハットSEOが全盛の時代は、どれだけ検索ユーザーにとって価値のあるページを作っても、検索エンジンを騙す手法で上位表示を実現する方法を取っているページより上回ることができなかったからだ。

しかし、GoogleがブラックハットSEOへの対処を進めてきたことで、今ではホワイトハットSEOの方がブラックハットSEOよりも遥かに効率的に上位表示を達成できるようになってきたのです。

また、ブラックハットSEO時代のように、検索順位の激しすぎる変動にも、ある日突然検索圏外に飛ばされるリスクにも怯える必要はまったくありません。

さらに、ホワイトハットSEOは、第一にサイトユーザーの満足を達成するためのページ作りを行うので、必然的にコンバージョンの獲得もブランドの浸透も、ブラックハットSEOと比べて遥かに大きな成果につながるのです。

1.3. 正しいSEOを行うために必要な考え方

以上のことから、私はSEOをこのように定義しています。

SEOとは検索ユーザーを対象として、ユーザーに有益な情報と120%の価値を提供し、より満足してもらえるようにウェブページを作成し構成すること。

これからのSEOで追求すべきことは、検索エンジンの知識を増やしてその隙を突くような小細工を考えることではありません。「検索ユーザーに対して何をしたら最大限の価値を生むことができるのか」を考えることを追求していくことが重要なのです。

具体的には、ユーザーを感動させるぐらい大きな価値を与えるページを作り、さらに全体として使いやすいサイト構成になるように1つ1つのページへの導線を練り直して、「このサイトに出会えて良かった。」と感じてもらえるような価値を作り上げることです。

それだけで、大きなアクセスの獲得も、コンバージョンの獲得も、ブランド認知の浸透も全て実現することができるのです。

2. これからあなたが取り組むべき3つのSEO

ここからは、今までの常識を遥かに超えるアクセス数、コンバージョン数、ブランド浸透を実現するために、これからあなたが行うべきSEOを具体的に、1つ1つ解説していきます。

2.1. これからのSEOの全体像

この図のように、本当に効果的な SEO はこの3つの要素で成り立っています。

定義 重要度
コンテンツSEO 検索ユーザーが120%満足するコンテンツを作ること 必須
SEO内部対策 使いやすく見やすいサイトを作ること 重要
SEO外部対策 サイトを多くの人に知ってもらうこと 任意

この3つをしっかりと理解して実践すれば、検索ユーザーが120%満足するサイトを完成させることができます。その結果、検索エンジンから質の高いアクセスと多くのコンバージョン、ポジティブなブランド認知を獲得できるようになります。

まずは、ひとつひとつの要素を詳しく説明します。同時に、これらの施策が現実的に検索エンジンからも高く評価されて上位表示を達成できる理由もお伝えしていきます。

これらの施策の中には、検索エンジンにとって、より理解しやすいページを作るために知っておくべきSEOの最低限の技術的知識も含まれています。それらも含めて全て、SEOが初めての人にとっても分かりやすく解説しているので、安心して読み進めて欲しいと思います。

2.2. コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、検索ユーザーに120%の満足を与える良質なコンテンツを提供すること。

コンテンツSEOは、SEOの3つの要素の中で最も重要なものです。

理由は2つあり、

からです。

2.2.1. コンテンツSEOが検索エンジンに高く評価される理由

まず、以下のGoogleからの引用文を見てください。

(Google が目指す検索エンジンとは)ユーザーの為に優れたサイトを作っている人々の努力が、きちんと報われる検索エンジン

良質なサイトをより高く評価するために|Google ウェブマスター向け公式ブログ

Googleは、『SEOに関する知識や技術は関係なしに、検索ユーザーにとって最も価値のあるサイトが上位に表示されるべき』だと考えているのです。そして、その未来を実現するために今でも日々検索エンジンを改良しています。

これからは今よりもっと、良質なコンテンツが上位表示されやすくなっていき、最終的にはユーザーにとって最も価値のあるサイトを作るだけで上位表示されるようになる世界に近づいていくのではないかと考えられます。

そうした未来を見越して、誰にも越えられないぐらいの最高の価値を提供するコンテンツを作ることに最も多くの時間をかけるようにしましょう。心配しなくても、今の状態の検索エンジンでは、既にそれだけで驚くほど多くのアクセスが流れ込むようになっています。

そして、それができる方は、どのような企業からのコンサルティングも必要ないともいえるでしょう。

2.2.2. コンテンツSEOでコンバージョンの数と質が向上する理由

コンテンツSEOが重要な第二の理由は、コンテンツの質が高ければ高いほど、商品購入や問い合わせ、資料のダウンロードなどのアクションを取ってくれる確率が高くなるからです。

ピンと来ない方は想像して見てください。

例えば、あなたが腰痛に悩まされていて治療院を探していたとします。そこで、「腰痛 整体 ○○(地域名)」と検索エンジンで調べていたら家の近くの治療院で2つのサイトを見つけたとします。

A整体のサイトは、デザインが洗練されていて見た目こそ格好よく見えますが、書かれている内容は住所と電話番号とお店の名前、30分いくらという金額、うわっつらの言葉を並べただけで、ロジックに欠けており、検証や経験も不十分で適当に作られたコンテンツのように見えます。

しかし、B整体のサイトは、手作り感のあるサイトだが、腰痛が起こるメカニズムや完治させるまでのプロセスが「ここまで言っていいの?」と感じられるぐらいロジカルかつ丁寧に細かく説明されています。

あなたなら、どちらの整体へ足を運びますか?

おそらく、ほとんどの方が後者のB整体の方と応えるのではないでしょうか?

つまり、最高のコンテンツは、それだけでコンバージョンの数も質も率も高めてくれるのです。

2.3.SEO内部対策とは

内部SEO対策とは、ユーザーにとって最も見やすく使いやすいページ構成及びサイト構造を実現すること。

この定義だと難しいかもしれませんので、以下のように考えてみてください。

まったく同じぐらいに素晴らしいコンテンツがAサイトとBサイトの2つあるとします。Aサイトのコンテンツは、見出しや改行、段落の使い方が非常に丁寧で、とても読みやすいページとなっています。一方、Bサイトのコンテンツは、内容は素晴らしいのですが、改行や見出しが一つもなく、長文がだらだらと書かれていてとても読みにくいページとなっています。

AとBどちらのサイトの方がユーザーや検索エンジンにより良く評価されるでしょうか? 当然、前者のAサイトでしょう。

このようにSEO内部対策を施すと、検索ユーザーはもちろん、検索エンジンにとっても見やすく使いやすいサイトになります。

では、実際に内部SEO対策でやるべきことは大きくわけて2つあります。

SEO内部対策 定義
インデックス最適化 検索ユーザーにも検索エンジンにも見やすいサイトにすること
クロール最適化 検索ユーザーにも検索エンジンにも使いやすいサイトにすること

それぞれ説明していきます。

2.3.1. インデックス最適化の方法と必要な理由

内部SEO対策のインデックス最適化とは、「サイト全体、またはサイト内に存在するひとつひとつのページを、ユーザーにとって最も見やすくなるように整えること」を言います。

具体的には、ページを作る時に以下のような点に注意すれば良いです。

これらの要素を洗練するほど、ユーザーにとってより見やすいサイトになります。

例えば、ページのタイトルにページに関するキーワードを含めれば、ユーザーは、そのタイトルを見ただけで「このページは○○に関して書かれたページだな」ということが分かるようになります。また、見出しタグを適切に使用することで、そのページ内の段落構成が分かりやすくなるしデザイン的にも読みやすくなります。

さらに、クローラーと呼ばれる各ページの情報を収集する役割を担っている検索エンジンのロボットは、ユーザーに近い動きをするようになっているので、ユーザーにとって見やすいサイトを突き詰めることで、検索エンジンにとっても見やすいサイトとなっていきます。

結果として、ページの内容を正しく把握してくれるようになるため上位表示もされやすくなります。

2.3.2. クロール最適化の方法と必要な理由

クロール最適化とは、「サイトをユーザーにとって最も使いやすい構造にすること」を言います。ここで言う「使いやすいサイト」とは、ユーザーが迷うことなくサイト内にある目的のコンテンツを見つけることができて、かつ、サイト内の重要なコンテンツにアクセスしやすいサイトのことを言います。

そのためには、以下のようなことが必要です。

これらの要素が洗練されているほど、ユーザーはサイト内の目的のコンテンツに簡単にアクセスできるような使いやすいサイトになります。

検索ユーザーにとって使いやすいサイトになっているということは、検索エンジンのロボットもサイト内を隅々まで巡回できるようになるし、サイト内のどのページを重点的に評価すれば良いかが分かるようになります。

その結果、サイト全体のSEOにも好影響が生まれ上位表示されやすくなるのです。

2.4. 外部SEO対策とは

外部SEO対策と言うと自作自演で被リンクを貼ることだと思っている方も多いかもしれません。しかし、それはブラックハットSEOと呼ばれるSEO対策でペナルティの対象にしかならないので、あまり推奨できません。

本当の外部対策は、それとは全く別物で、以下のように定義しています。

外部SEO対策とは、ソーシャルメディアやPPC広告などの外部手段を使って、必要とするターゲットユーザーへアプローチし、あなたのサイトを知ってもらうこと。

例えばFacebookページやTwitterで記事の更新情報を流したり、自信のあるコンテンツを、しっかりとターゲット設定を施したFacebook広告やTwitter広告、Google adwardsやYahoo!プロモーション広告に広告を出すことは、多くの人にコンテンツを知ってもらうためのSEO外部対策の有効な手段といえます。

このように、あなたのサイトをまだ知らない人に見てもらう努力をすることで、ソーシャルメディアでより広くシェア・拡散されたり様々なサイトオーナーがそれぞれのサイト上で紹介してくれるようになり、自然かつ有効な被リンクの獲得へつながります。

これが外部対策によってSEO効果が上がるメカニズムなのです。具体的にSEO外部対策でやるべきことは以下のようなものがあります。

2.5.コンテンツSEO > SEO内部対策 > SEO外部対策

ここまでご紹介してきた3つのSEO要素のうちもっとも重要なものはコンテンツSEOです。

そもそも、検索ユーザーも検索エンジンも「このページが上位表示されるべき」と思えるぐらい価値のあるコンテンツがなければ、どれだけサイト構造を見やすく使いやすいサイトにしても意味はないでしょう。ましてや、ユーザーにとって役に立つコンテンツがなければどれだけお金をかけて多くの人にサイトを知ってもらったとしても、そこから何も生まれないのは言うまでもありません。

最高のコンテンツを届けているサイトは、すぐに誰かの目にふれて、じわじわと支持されていき自然と上位表示される。

実際、予算がなくて外部SEO対策を行っていないサイトや、サイト全体のユーザビリティを極限まで高めきれていないサイトでもコンテンツSEOにじっくり取り組むだけでもPVは増え続けていきますし、多くのコンバージョンも獲得できるようになってきます。

これからSEO対策を始めるという方は、ぜひ、コンテンツSEOを完璧に理解して実践するところから始めてください。

もちろん、もし、既にあなたが極限まで追求した最高のコンテンツをいくつも公開している場合は、内部対策と外部対策を行うことで一気に大きな成果を獲得することができるでしょう。

3. SEOに関わる人間が心がけるべきもの

最後に、検索エンジンは人々に対してどのような役割を担っているのか、そして、その中でSEOを実施する人間が心がけるべきものを明確にしておきましょう。

これは、あなたがSEOで成功したいのであれば常に自分に言い聞かせなければいけないものです。

3.1. 人々が検索する理由とSEOが果たすべき役割

人はなぜ検索するのでしょうか。例えば、

などのように、今まさに悩んでいることがあり、その解決策を見つけたいと思っているからでしょう。そのような時に、最高の答えを提供してあげることができたらどうなるでしょうか。

恩師と最高の時間を共有でき、話に花が咲いて、より良い関係を築ける。友人の結婚式で新郎新婦に最高の祝福を贈り今後の2人の人生を心から応援できるようになる。腰痛の正しい対処法を知ることで、今後一生腰の痛みを負うリスクを大きく減らすことができる。

このように検索ユーザーの疑問や悩みに最高の答えを提供することで、彼らの人生は今よりもさらに良いものになるでしょう。本来のSEOとは、そして、人に価値を提供するとはこういうことではないでしょうか。

しかし現在では、まだまだ自分たちが得するために、事実を捻じ曲げたり情報を都合の良いように加工してしまう企業も少なくありません。これは大企業、中小企業関係なく、どの企業もやってしまいがちではないでしょうか。

だからこそ、あなたは常に最高の答えを提供することを心がけてください。そうすれば非倫理的な企業を全て押しのけて、あなた及びあなたの会社が、人々から最も大きな尊敬を集められるようになるでしょう。ブラックハットSEOが主流だったほんの数年前までは、これは単なる理想論でしかありませんでした。しかし、今ではいくらでも実現可能なことなのです。