リスティング広告を初めて運用する前に知っておきたいこと

      2016/11/03

WEBサイトの集客方法で「SEO対策」に次いで、よく耳にするのが今回ご紹介する リスティング広告 ではないでしょうか。長期スパンで効果が出るのを待たなくてはいけないSEO対策に比べ、リスティング広告は早ければ1日でも効果が出るほど即効性に期待できます。

今回は、WEB広告の中でも始めやすいリスティング広告についてご紹介します。

そもそも、リスティング広告って何?-リスティング広告の特徴-

すでにご存じの方もいるかと思いますが、 リスティング広告とは 、「検索連動型広告」とも呼ばれ、その名の通り検索エンジンの検索結果に表示される広告の事をさします。検索キーワードに関連した広告を配信するので、比較的、購入意欲の高い潜在顧客に広告を提示することができます。そのため、費用対効果も合わせやすい広告媒体と言えます。

リスティング広告は、テキスト形式の広告となっていて「タイトル」と「2行ほどの本文」、「ドメイン名」が表示され、広告がクリックされることでリンク先ページへ誘導されます。広告がクリックされる毎に課金されるクリック課金型広告として販売されているものがほとんどです。

リスティング広告にはどんなモノがあるの?-リスティング広告の種類-

前述したように、リスティング広告は、検索キーワードと連動して表示される検索連動型広告ですので、有名どころのリスティング広告は、Googleの『AdWords広告』とYahoo!プロモーション広告の『スポンサードサーチ』の2つがあります。GoogleかYahoo!かによってユーザー属性も多少違い、商品によっても成約率は変わってきますが、どちらも少額から始めることができるので、リスティング広告を始めるならどちらもやっておいた方が良いでしょう。

リスティング広告の仕組み

リスティング広告が表示される位置

リスティング広告はどのように表示されるのかということに入る前に、リスティング広告がどこに表示されるのかをお話します。普段、インターネットで検索したときに、検索結果の上部や右側に【広告】と表示されているのを見たことはありませんか?まさに、それが リスティング広告です。GoogleとYahoo!で多少違いはあるものの、ほぼ同じような感じで広告が表示されます。

リスティング広告の表示位置

赤枠で囲っているところが、リスティング広告として配信されている広告です。

リスティング広告の表示順位について

つぎに、前述した画像でもわかるように、リスティング広告は検索結果1ページにつき複数の広告が表示されます。当然、一番上に表示された広告は他の広告よりも多くクリックされる傾向があり、成約につながりやすい傾向もあります。そのため、できるだけ上位に表示させたいのですが、この表示順位は以下の公式から決められます。

広告掲載順位 = 入札単価 × 品質スコア(広告ランク)

入札単価とは、広告がクリックされた時に発生するクリック単価です。あるキーワードが検索された時に、広告枠を巡ってオークションのようなものが瞬時に行われます。そのときに、上限として設定している単価がいくらかによって表示順位が変わってきます。

つぎに、品質スコアですが、これはGoogle AdWordsとYahoo!プロモーション広告で少し呼び方が変わります。AdWords 広告は『品質スコア』と呼びますが、Yahoo!プロモーション広告では『広告ランク』と呼びます。
この品質スコアにも判定基準があり、

  • 推定クリック率
  • 広告の関連性
  • ランディングページの利便性

上記を測定し、1~10までのランクに分けられます。

『推定クリック率』とは、該当キーワードで表示された広告が何回クリックされたかを評価しています。クリック率が高いということは、それだけユーザーから興味を持っているということなので当然評価は高くなります。

次に、『広告の関連性』は、キーワードと広告、リンク先ページの関連性を評価しています。キーワードとまったく関係のない広告を出すことも評価を下げますが、キーワードと広告が示す内容とまったく違うリンク先に行くような広告は当然評価が下がります。

最後の『ランディングページの利便性』は、リンク先のページがユーザーにとって役に立つ内容か、また、使いやすい構造になっているかを評価しています。ここについては、普通に運用していると、まず、評価を落とすことはないかと思います。

リスティング広告をやったほうがいい理由-リスティング広告の利点-

リスティング広告は大企業に限らず、中小企業や個人事業主にも支持を得ています。その理由は、少額資金でも運用でき、しっかりと運用していけば費用対効果が良い集客媒体であるからなのです。

また、リスティング広告が集客媒体として活用される理由は、資金の調整がしやすく、広告の配信を停止することも簡単にできるので、その月の売上や出費に合わせた運用ができるという点もあります。さらに、新聞やDMでは通数や発行部数に対してのコンバーション数は計測することができますが、開封率やどんな人が見ているのかということは予測の範囲でしか計測できません。

対して、リスティングをはじめとするネット広告では、配信数、クリック数、コンバーション数はもちろん、サイトに訪問した人が何歳で、男性なのか女性なのか、子供の有無、さらには、どのくらいサイトに滞在していたのか、どのくらいの頻度で再訪問しているのかなど、より細かなデータを数値化し計測することができます。

1日1,000円からでも運用できるうえに、これだけ細かく数値化できるのもネット広告の利点です。

Yahoo!プロモーション広告

 - マーケティング